私でも大丈夫なカードローンの事

不妊治療の治療費を旦那が出してくれない話

結婚後1年間は共稼ぎだったことあり、夫婦のお財布はバラバラで食費や生活費や雑費は私が出し、旦那はアパートの家賃や光熱費などを支払ってもらっていました。
ですからお互いのお給料もいくらもらっているか知りませんでしたし、平日休みと土日休みで休みの日も違うのでお互いが休日どんなことにお金を使っているか干渉もしていませんでした。

 

私でも大丈夫なカードローンの事

 

ところが、状況が変わったのは結婚1年後でした。当時どうしても子供が欲しかった私は不妊治療に自分のお金で通っていたのですが仕事の都合で通えないことが多かったり仕事のストレスを多く抱えていたため退職して不妊治療にしばらく専念することに決めました。

 

そこから治療を本格的に開始し、最初の頃はタイミング方や人工受精だった治療も体外にステップアップしていくうち一度にかかる治療費が莫大な金額になってきます。
もう私の貯金からではさすがにお金が出せないとなったとき旦那さんに相談したのですが、旦那さんは計画的に貯金していなく貯金残高もすずめの涙ほどでした。
その時かなりもめましたし、結局その後の治療費も大半は私の貯金から支払い子供の出産費用までほぼ自分の貯金から支払いました。
本当にありえない話ですが今はマイホーム資金のために心を入れ替え、余分なものは買わずにがんばってくれているので今後のがんばりに引き続き期待したいです。

 

私でも大丈夫なカードローンの事

 

お金で悩みがない人はいるのだろうか…

"お金はあればあるだけ欲しいもの。いくらあっても自分の欲しいものがたくさんあれば足りないでしょうし、

物欲が少なければなくてもなんとかなるのかもしれません。私自身旅行は好きですが、物欲はあまりないので、
独身時代、給料はほぼ旅行に使っていました。それもなるべく長期滞在できる節約旅行型。泊まるところと
食事をおさえ、観光にお金を使うというタイプの旅行です。
結婚してから、自分自身のお金の使いかたより旦那のお金の使い方にかなり神経を使うようになりました。
女性男性の差もあると思いますが、彼はとにかくあればあるだけ使うタイプで、明日のことはまったく考えないタイプです。
そのくせよく病気になるので、治療費がかかった場合はわたしの稼ぎから出費。もちろん二人で生活しているので、
お金を出すことはやぶさかではないのですが、いつもこの調子なので、先が思いやられます。"

 

私でも大丈夫なカードローンの事

 

自動車のローンが大変

"私のお金の悩みはローンを組んで買った自動車の月々のローンの支払いです。最初のうちはあまり辛く感じませんでしたがだんだん支払いがきつく感じてきました。

 

自動車はローンだけではなく駐車場の料金やガソリン代と色々お金がかかるのにそれに加え月々のローンを支払う訳ですからお金がすごくかかってしまいます。
私の使えるお金のほとんどが自動車に使ってしまっています。もともと私の給料では車を所有するのは無理だったのかもしれません。

 

しかし私の唯一の趣味が自動車を運転することなので自動車を所有する喜びは感じています。特に高速道路を使い長距離のドライブは最高に楽しいです。この楽しさのためならローンの支払いも仕方ないと思い頑張って払っています。"

WiMAX 2+,馬プラセンタエタラビおまとめローン